top of page

風力発電機メンテナンスロボットの開発をするLEBO ROBOTICS、3億円の資金調達を実施


LEBO ROBOTICS株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:浜村 圭太郎)は、Abies Ventures Fund I, L.P.、三井住友海上キャピタル株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:石上 壽一)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)他を引受先とした第三者割当増資により3億円の資金調達を実施いたしました。

■資金調達の概要

開発する風力発電機メンテナンスロボットが商用段階へ入ったことを背景に、更なる開発の促進と、国内市場に加え海外市場の開拓を目的とした資金調達を行いました。高所でブレードメンテナンスを行うロボットは、今後グローバルで急拡大する風力発電機へ適切なメンテナンスを提供するために必要となります。特に風力発電機が大量に設置されている欧米では、人手を補完する労働力としてのロボットが注目されております。弊社が目指している「人々が快適で幸せな生活を送りつつ、環境を維持できる世界」の実現に向けて、更に事業成長を加速させてまいります。また、今ラウンドでの資金調達は引き続き継続して行います。


■資金調達概要

累計調達金額:3億円

調達方法:第三者割当増資

調達先:Abies Ventures Fund I, L.P. (Abies Ventures株式会社)

    MSIVC2021V投資事業有限責任組合 (三井住友海上キャピタル株式会社)

    KDDI Green Partners Fund(KDDI株式会社)

    長谷川 智彦

資金用途:プロダクト開発、海外拠点設置・運営、採用・組織体制の強化 等


■風力発電機メンテナンスロボット

地上からの遠隔操作で、空中にあるブレードに対して研磨/パテ塗布/塗装等の作業を高所で行うロボットです。スキャナとカメラを搭載し、ブレード形状や状態を把握し、適切な作業を行うことが可能となっています。現在のモデルは半自動となっておりますが、2024年に全自動モデルを市場導入すべく開発を行っています。


■ご出資いただいた方からのコメント

・Abies Ventures Fund I, L.P. (Abies Ventures株式会社)パートナー 長野 草太

世界的な人口増加・電動化の流れにより電力需要は急激に伸びています。同時に持続可能な社会実現と安全保障の観点から世界的に自然エネルギーを用いた発電が求められ、その中でも風力発電所は2020年の30万基から2030年には100万基を超える建設が進んでいます。しかしながら、安定的な運営に必要な保守が追い付いていない問題があります。全ての風力発電機の羽(ブレード)は自然環境や雷等に浸食される事で著しく発電ロスが生じる事が確認されています。また、現在は地上100メートル近い危険な高所作業をエンジニアが点検と補修を行っており、世界的に人員が不足しコストが急騰しています。

こうした課題に対し正面から解を出せているLEBO社は技術・戦略共に非常に独自性が高く世界規模での成長性を期待できると感じ、支援させて頂く事となりました。弊社が強みを有する海外ネットワークを活かし、LEBO社の成長支援をして参ります。


・三井住友海上キャピタル株式会社 投資開発 マネージャー 井出 綾介

カーボンネットゼロの社会実現にむけ世界的に導入が進む風力発電のメンテナンスにおける課題に対し、同社は独自ロボットによるソリューションを開発し、社会実装に取り組んでいます。弊社は、今回の追加投資により、国内外のより多くの風力発電事業者に同社ソリューションが提供されることを確信しています。


・KDDI株式会社

風力発電は世界のカーボンニュートラル実現に不可欠な再エネ可能エネルギー電源であり、更なる拡大が期待される一方で、風力設備のメンテナンスは危険な高所作業を伴うことも多く、安全性の確保や人材不足によるコスト高騰が懸念されています。

LEBO社のロボット技術はメンテナンス作業の省人化と補修技術の平準化を図ることで、安心・安全な風力発電保全と発電効率向上への貢献が期待されるため、今回の出資に至りました。今後、KDDIの持つ通信、IoT、ドローンなどの技術を活用し、LEBO社のロボットメンテナンスサービスの支援をすることで、再生可能エネルギーの普及拡大に貢献していきます。


■採用情報

業務拡大によりメンバーを募集しております。

ロボット開発(ハード、ソフト)のリーダーと担当職、営業メンバーは、国内営業と欧州駐在員です。日本国内はもちろんのこと、欧米市場での拡大を目指し、ドイツ現地法人を設立致しました。

詳細は、弊社HPよりご確認ください。


■LEBO ROBOTICS株式会社について

風力発電機ブレードメンテナンスロボットを自社開発し、それを使ったサービス提供を軸とした、風力発電機運転開始後のブレードに対するスマートメンテナンスの提供を行っています。日本国内はもちろん、既に開設したヨーロッパ拠点を軸に欧米市場へ進出しています。


■会社概要

社名:LEBO ROBOTICS株式会社

所在地:東京都昭島市東町3-6-1 産業サポートスクエアTAMA 306号

設立:2018年11月

資本金:3.8億円(資本準備金含む)

代表取締役:浜村 圭太郎

事業概要:風力発電機メンテナンスロボットの開発とロボットを活用したメンテナンスサービスの提供とそれに関連する材料の卸売り

URL:https://www.leborobotics.com/


【広報担当連絡先】

スマートメンテナンスロボットについてのお問い合わせ

担当:浜村 info@leborobotics.com



閲覧数:551回0件のコメント

Comments


bottom of page